読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

現代文最新傾向LABO 斎藤隆

入試現代文の最新傾向を分析し、次年度の傾向を予測する大胆企画

入試直前特集ー2017現代文・小論文入試予想論点・体系的総整理

入試直前特集ー2017年度・現代文(国語)・小論文・入試予想論点ー体系的総整理

 

 当ブログは以下の基本的方針で作成しています。

 以下に、当ブログの第一回記事の開設の言葉を引用します。下にリンク画像が貼ってあります。

 

 「今現在の入試現代文・小論文の最新傾向として、注目するべきポイントとしては、2つの大きな柱があります。

【1】1つの柱は、「IT社会の光と影と闇」です。

 この論点・テーマは、3・11東日本大震災の前から登場していたので、割と有名ですが、最近のスマホの爆発的な流行により、新たな論点・テーマが発生しています。

【2】 もう1つの柱は、「3・11東日本大震災の各方面に対する影響」です。

 「各方面」は、実に多方面にわたっています。

 2016年の、センター試験や難関大学の現代文(国語)・小論文入試問題を、検討している現在も、この考えは変わってはいません。」

   

gensairyu.hatenablog.com

 

以下では、

(1)「東日本大震災」関連記事

(2)「IT化社会」関連記事

(3)「グローバル化」・「民主主義」・「トランプ現象」関連記事

(4)「知」・「知性」・「反知性主義」関連記事

(5)「消費社会」・「地球環境問題」関連記事

(6)「アイデンティティ」・「自己」・「個性」関連記事

(7)「文語文・擬古文対策」関連記事

(8)「センター試験対策」関連記事

(9)「早稲田大・上智大・同志社大対策」関連記事

(10)「小説・エッセイ(随筆)・対策」関連記事

の各論点に関する記事のリンク画像を列挙していきます。

 

 1つの記事が複数の論点に関係する時には、それぞれの論点の場所にリンク画像を貼ります。

 

ーーーーーーーーーー

 

(1)「東日本大震災」関連記事

 

この論点では、以下の①~⑤のように分類しています。

①  科学論・科学批判

②  善意(ボランティア・救援物資)の暴走ーモラルの喪失

③  「関係性(絆)」の再評価

④  「津波」関連の論点

⑤  日本国家の疲弊

 

……………………………………

 

 ①  科学論・科学批判

 

 「科学論・科学批判」は、東日本大震災以後、激増し、現在に続いています。その背景は、以下の通りです。

 以下は、2016・6・10に発表した「東大現代文対策ー311後の最新傾向分析①ー2012河野哲也」の記事の一部引用です。

 「難関大学・センター試験の入試現代文(国語)・小論文に出題される「科学批判」(科学論)の論点・テーマは、3・11東日本大震災・福島原発事故以降、より先鋭化し、明らかに出題率も増加しています。

 3・11以前も、環境汚染・地球温暖化・チェルノブイリ原発事故等により、「科学批判」の論点・テーマは、一定の多くの出題がみられました。

 しかし、3・11以降は、「科学」に対する批判は明白に先鋭化し、「科学批判」の論点・テーマは出題率が増加しています。

 

 これは、考えてみれば、当然のことです。

 福島原発事故の際の、原子力村の学者達、地震学者達の無責任な「想定外」の連呼。

 崩壊した「安全神話」。

 今だに完全には収束していない福島原発の処理。

 これらをみれば、「科学」に対する厳しい批判的論考は、増えこそすれ、減ることはないでしょう。

 大学における現代文(国語)・国語入試問題作成者の「問題意識」も同じでしょう。

 たとえ、問題作成者の「問題意識」がそうでないとしても、入試現代文(国語)・小論文の世界は、「出典」の関係で論壇・言論界・出版界の影響を受けるのです。」

 

 以上の理由により、2017年度の入試現代文(国語)・小論文においても、「科学論・科学批判」は、最も注目するべき論点・テーマです。

 

 「近代・現代科学の基本原理である心身二元論」、に対する根本的批判が展開されています。現代文(国語)・小論文における最頻出論点です。少々難解ですが、この論点をマスターすることが、合格の必須条件です。

gensairyu.hatenablog.com

 

 東日本大震災・福島原発事故で明らかになったように、「現代文明の発展と存続」を考察する際に、「現代文明と科学の関係」こそは、中心論点・テーマです。

 神里達博氏の『文明探偵の冒険』は、「科学の限界」や「歴史の本質」を本質的に、粘り強く、考察した名著だと思います。

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 現在、話題になっている「人工知能」に関する最良の論考の「予想出典・解説記事」です。

gensairyu.hatenablog.com

 

 入試頻出著者・山崎正和による、『ホスト・ヒューズマン誕生』(レイ・カーツライル)に関する哲学的・本質的論考を、「予想問題記事」として発表しました。

gensairyu.hatenablog.com

 

 

②  善意(ボランティア・救援物資)の暴走ーモラルの喪失

 

 最近の早稲田大学・上智大学・同志社大学の入試現代文(国語)の問題の中で、特に気になっているのは、3・11東日本大震災の直後に2年連続して出題された、中野好夫氏の「悪人礼賛」という論考です。

 この論考は、上智大学(経済)で出題された翌年に、早稲田大学(政経)でも出題されました。

 内容は、「善意の暴走」、「善意の厚顔無恥」に対する徹底的な批判です。

 この内容は、「被災地ヘの救援物資」が、「善意による二次被害」になる場合があることを強調しています。

 この論考は、私が特に重視している「東日本大震災後に新たに発生した論点・テーマ」といえるので、現代文(国語)・小論文対策として、このブログで取り上げることにしました。

 

gensairyu.hatenablog.com

 

  

 ③  「関係性(絆)」の再評価

 

 以下は、下のリンク画像(「センター試験現代文対策ー3・11後の最新・傾向分析①ー2012」)の引用です。

 「関係性(絆)」の論点の重要性を、わかりやすく説明したので、ここに再掲します。

 

 〈 問題6は、何を聞きたかったのでしょうか?

  問題文本文第9段落第3文(私の概要⑤第3文(最終文))に、

 「この自己と他者の『境界』を、生きるだけでなく、はっきり意識するところに、人間的な自己意識が生まれる。」

という、キーセンテンスがあります。

 このキーセンテンスに注目できたか否かを、聞いているのです。

 ここに注目できれば、選択肢④の最終文に着目して、これが正解だ、とすぐに分かります。

 つまり、「自己」についての、一般的・常識的な発想を試験時間中には、執着しないで(無視して)、素直に(とにかく)木村氏の主張を理解していけば、難問では、ありません。

 むしろ、易しすぎるくらいです。

 (ただ、このような柔軟な読解の姿勢を身に付けることは、なかなか大変なことです。→日頃の勉強における自覚・訓練が大切です。)

 

 「自己は孤立しては生きていけない。」

 「自己と他者の境界にしか、生存の場は、ないのだ。」

 「自己と他者の境界でこそ生存できる、このことを意識することが自己意識である。」

 さらに言えば、「『自分』を意識することではなく、『自己と他者の境界』を明確に意識することが、『自己意識』だ。」という主張です。

 ……………………

 木村氏の、この主張は、一見、難解ですが、3・11東日本大震災以降の日本人にとっては、充分に納得できる見解です。

 安定した日常では、自覚しにくいことですが。

 あの非常時を、思い出してください。

 「自己」の、無力、情けなさ、弱さ、頼りなさ、そして、どうしようもない不安感を、思い起こしてください。

 そうすれば、木村氏の見解に、納得できるはずです。

  問5と問6は、同じことを、聞いています。

 まさに、センター試験国語(現代文)の問題作成者は、木村氏の主張のポイントを、聞いてきているのです。

 見事な、問題作成能力です。

……………………

 私は、この問題が、3・11東日本大震災直後の2012年度に出題されたことに、注目しています。

 つまり、出題の背景に、

「3・11への意識があったのではないか」、

「今こそ『連帯性』・『関係性』・『共同性』を再評価・見直しするべきだと意識したのではないか」、

と考えています。 

 とすると、かなりメッセージ性の強い問題です。

 問題作成者の問題意識が、顕著に感じられる問題です。

 私は、2012年に初めて、この問題を見た時に、その強烈なメッセージに、思わず唸りました。

 ある意味で、感銘すら受けました。

 

 この時期こそ、いや、これからもずっと、この「自己」・「アイデンティティ」・「連帯性」・「関係性」・「共同性」の論点・テーマを、じっくりと考えていくべきだからです。

 私は、3・11直後の2011年は、他の人々と同じように、いつも頭の片隅で「自己」・「アイデンティティ」・「連帯性」・「関係性」・「共同性」について、考えを巡らせていました。

 そして、2012年に、センター試験のこの問題を見た時の、あのほっとしたような、自分の目を疑うような、不思議な感じを、私は忘れることができません。

 

gensairyu.hatenablog.com

 

「共同体と伝承・物語成立の関係」・「物語と共同体結束の関係」も、入試現代文(国語)・小論文の重要論点・テーマになっています。

 現代社会は、「個人主義」の過度の進展により、「『共同体解体』の対策論」が、かなり前から論点・テーマ化しています。

 一方、3・11東日本大震災の際に、「共同体」の価値の見直し・再評価がなされ、「絆」がキーワード化しました。

 東日本大震災関連の論点・テーマは、私が、このブログ開設以降、特に注目している論点・テーマです。

 これらのことより、「『共同体』とは本来、何だったのか」という本質論も、最近の流行論点・テーマになっているのです。

gensairyu.hatenablog.com

 

 

 ④  「津波」関連の論点 

 

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

  

  ⑤  日本国家の疲弊

 

 東日本大震災、グローバル化、デフレ経済などにより、日本は疲弊しています。

 それでも、かなり無理をして、東京オリンビックを開催しようとしています。

 『三四郎』の中の「(日本は)滅びるね」という広田先生のセリフは、今現在も苦く心に響きます。

 ↓

gensairyu.hatenablog.com

 

 「乱世」の中でも、人々は、「乱世」のまま生きていくことは、できません。

 「秩序」、「安定」、さらには、レベルの高い「精神生活」が必要不可欠です。

 3・11東日本大震災の時にも、体育館等に避難していた被災者達は、読書への欲求があったと聞いています。

 また、少し落ち着いた時には、近くの書店に訪れる人が多かったようです。

 今現在の人々も、「乱世を乱世のままに生きていくこと」は、できないのです。

 ↓

gensairyu.hatenablog.com

 

 

 東日本大震災、グローバル化、デフレ経済などにより日本は疲弊しきっています。

そのことについて記述しています。

gensairyu.hatenablog.com

 

 

(2)「IT化社会」関連記事

 

 前記した当ブログの「開設の言葉」を、再掲します。

 

 「今現在の入試現代文・小論文の最新傾向として、注目するべきポイントとしては、2つの大きな柱があります。

 1つの柱は、「IT社会の光と影と闇」です。

 この論点・テーマは、3・11東日本大震災の前から登場していたので、割と有名ですが、最近のスマホの爆発的な流行により、新たな論点・テーマが発生しています。」

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

2015センター試験国語[1]佐々木敦『未知との遭遇』の解説が含まれています。

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 

(3)「グローバル化」・「民主主義」・「トランプ現象」関連記事

 

「グローバル化(国際化)」と「民主主義」・「トランプ現象」は、相互に密接に関連しているので、ここで、まとめておきます。

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

日本の思想 (岩波新書) 

 

 

 

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

 

 

(4)「知」・「知性」・「反知性主義」関連記事

 

 これらの論点は、2016年度に、大流行しましたが、今年も要注意だと思います。

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

  

 (5)「消費社会」・「球環境問題」関連記事

 「消費社会」と「地球環境問題」は、密接に関係しています。現代の「消費社会」の根本的見直しをしなければ、「地球環境問題」を真に解決することはできません。

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 (6)「アイデンティティ」・「自己」・「個性」関連記事

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

  

 (7)「文語文・擬古文対策」関連記事

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

  

(8)「センター試験対策」関連記事

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 

2015センター試験国語[1]佐々木敦『未知との遭遇』の解説が含まれています。

gensairyu.hatenablog.com

 

 

gensairyu.hatenablog.com

 

  

 (9)「早稲田大・上智大・同志社大対策」関連記事

 

 頻出出典です。今回は、2000年度・早稲田大学政経学部の過去問を中心に解説しました。

gensairyu.hatenablog.com

 

 中野好夫氏の「悪人礼賛」は、2012上智大学経済学部で出題された翌年(2013)に早稲田大学政経学部でも、同一箇所出題されました。これからも、注目するべき論考です。

gensairyu.hatenablog.com

 

 早稲田大学政経学部の過去問が2問(2大問→山崎正和・夏目漱石)含まれています。 

gensairyu.hatenablog.com

 

 2012年度は、東大と早稲田大学教育学部で、河野哲也『意識は実在しない』の同一箇所から出題されました。『意識は実在しない』は、現在、流行頻出出典になっています。2017年度も、要注意です。

gensairyu.hatenablog.com

 

 2008早稲田大学法学部・出題の丸山真男氏の『現代政治の思想と行動』、1999早稲田大学文学部・出題の大澤真幸の「自由の牢獄」の解説が含まれています。

gensairyu.hatenablog.com

 

早稲田大学文学部現代文、早稲田大学政経学部現代文に出題された野家啓一氏の論考(2つの学部の問題文本文は、ほぼ同一内容)の解説が含まれています。

gensairyu.hatenablog.com

 

 早稲田大学・上智大学・同志社大学などの難関大学の、入試現代文(国語)・小論文における「原典修正」の意外な、驚くべき実態と、「それらの問題本文を要約する際の注意点」は、入試本番に、かなり役立つと思います。

gensairyu.hatenablog.com

 

 

(10)「小説・エッセイ(随筆)・対策」関連記事 

 小説エッセイ随筆の出題率は減っていません。むしろ、最近は増加傾向になっています。油断しないでください。

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

  

gensairyu.hatenablog.com

 

gensairyu.hatenablog.com

 

ーーーーーーーーーー

 

 今回の記事は、これで終わりです。

 次回の記事は、約10日後に発表の予定です。

 

  

  

 

gensairyu.hatenablog.com

 

 私は、ツイッタ-も、やっています。こちらの方も、よろしくお願いします。

https://twitter.com/gensairyu 

https://twitter.com/gensairyu2